ステーキ

ステーキ(Steak)とは、肉のスライスなどを焼いた料理。現在では死語に近いが、かつては「テキ」という呼称も用いられた。

フライパンなどの鉄板を使用して焼き上げるほか、金網を使用して直火焼きをする場合もある。

豚肉・鶏肉などの肉類や、サケ・マグロ・アワビなどの魚介類のほか様々な素材が用いられる。

単に「ステーキ」と言った場合には牛肉を使用した「ビーフステーキ」を指すことが多い。

ビーフステーキ(英: beef steak)とは、フライパン等の鉄板、あるいは金網等を使用して直火焼きするなど、牛肉のスライスを焼いたステーキ、肉料理の一種である。

語源は串に刺し焼いた肉を指す古ノルド語 (steik) からとされ、ロンドンで切り身を焼く形になった。

日本語では略語として古くはビステキと呼び、またフランス語 (bifteck) からビフテキとも呼ばれる。

これら略称がレストランなどで使用されることは現在では少ないが、店名の一部や「ビフテキ丼」などの形で用いられることはある。