求人

求人(きゅうじん)は、労働力となる者を収集するために行う告知、及び雇用契約の誘引行為のことである。対義語は「求職」。

以下では特に断り書きがない限り、日本での事例について述べる。

一般に、企業・団体など事業者が、雇用したいとする者を、一般の市民(学校卒業見込みの者を含む)から募集することを指す。正社員、アルバイトやパートタイマーなど、雇用形態についても、労働条件と共に募集する際に明示する。

企業などの事業の展開により、人手が足りなくなることがある。軽微な場合は現有スタッフの勤務時間の増加(残業)などで補うことが多いが、実質的に限度があり、また、労働基準法に基づく労使協定(いわゆる36協定)で定める上限時間を超えることはできない。あるいは、定年退職による欠員の補充、また、事業内容によっては特定分野の能力(スキル)を持った者を必要とすることもある。

以上のような場合に、事業者は労働力もしくは一定のスキル・ノウハウの確保のために、労働者の雇用の必要性が生じるのである。

求める人(労働者)の職種によって、求人方法は異なっている[2]。一般的なものとしてはハローワーク、職業紹介所、インターネット媒体や紙媒体などがある。