松山 英樹

松山 英樹(まつやま ひでき、1992年2月25日 – )は、日本のプロゴルファー。

愛媛県松山市出身。

明徳義塾中学校・高等学校・東北福祉大学卒業。

レクサス(トヨタ自動車)所属[1]。

日本人最年少マスターズ予選通過者(当時19歳)。

アマチュア時代には、日本のアマチュアゴルファーとして初めてマスターズの出場権を獲得した。

日本ツアーで史上初ルーキーイヤー賞金王。ルーキー最多タイの年間4勝。

史上最速(16試合)での年間獲得賞金2億円突破。

4歳のときに、日本アマ出場経験もある父親の影響でゴルフを始める。

中学2年のときに「ゴルフをやる環境を整える」目的で、ゴルフ部のある明徳義塾に転校した。

2008年には全国高等学校ゴルフ選手権大会で優勝し、日本ゴルフ協会(JGA)のナショナルチームにも選ばれるなど頭角を現す。

2010年に東北福祉大学に進学。

同年のアジアアマチュア選手権で日本人として初の優勝を遂げ、翌年のマスターズ出場権を獲得。

翌週の日本オープンでも並み居るプロゴルファーを従え3位に入りローアマチュアを獲得した。

2011年にはマスターズに出場。

予選も通過し、日本人としては初めてローアマチュアを獲得した。

同年11月には、三井住友VISA太平洋マスターズで倉本昌弘、石川遼に次ぐ3人目のアマチュアでの日本ツアー優勝を果たした。

2012年には、R&Aによって創設された世界アマチュアゴルフランキングで日本人初の1位を獲得する。