東京タワー

東京タワー(とうきょうタワー、英: Tokyo Tower)は、東京都港区芝公園にある総合電波塔の愛称である。

正式名称は日本電波塔(にっぽんでんぱとう)。

1958年12月23日竣工。

東京のシンボル・観光名所として知られる。

日本の「塔博士」とも称される内藤多仲(ないとう・たちゅう)らによって設計された。

高さは333mと広報されており(海抜351m)、塔脚の間隔は88.0m。

総工費約30億円、1年半(1,974,015時間/543日間)と延べ219,335人の人員を要して完成した。

地上125m(海抜約150m)と223.55m(海抜約250m)に展望台を有したトラス構造の電波塔である。

昼間障害標識として、頂点より黄赤色(インターナショナルオレンジ)と白色を交互に配した塗装となっている。

テレビおよびFMラジオのアンテナとして放送電波を送出(#送信周波数・出力を参照)、また東日本旅客鉄道(JR東日本)の防護無線用アンテナとして緊急信号を発信する他、東京都環境局の各種測定器なども設置されている。

長らく高さが日本一であったというイメージが強いが、実際に日本一高かったのは1968年6月26日に小笠原諸島が日本に返還され南鳥島ロランタワーと硫黄島ロランタワーに抜かれるまでの約9年半と、対馬(長崎県)のオメガタワーが解体されてから東京スカイツリーに抜かれるまでの約11年間である。

ただし、自立式鉄塔としては東京スカイツリーに抜かれるまでの約51年半は日本一の高さであった。

現在は東京スカイツリーに次ぐ日本で2番目に高い建造物である。