白根山

草津白根山(くさつ しらねさん)は、日本の北関東、群馬県吾妻郡草津町に所在する活火山である。標高は2,160m。

正式名称は「白根山」であるが、他の白根山と区別する必要のある場合の名称として地域名「草津」を冠した「草津白根山」の名で呼ばれる。

また、近隣の逢ノ峰と本白根山を含めた三山の総称とすることもあり、この場合は標高2,171mの本白根山が最高峰となる。

一つの火山の山体として捉える際は後者の考え方をとる。

特徴

山頂付近は白い山肌が広がっているのが特徴であるが、1882年の噴火以前は火口付近まで緑が広がっていたという。

山頂付近には複数の火口湖が形成され、湯釜、水釜、涸釜と呼ばれている。

かつて、山腹にはいくつかの硫黄鉱山が存在し[2]、鉱山跡が現在も残っている。

火山山体として捉えると多数の火口と溶岩噴出口が山頂付近に集まった単成火山群的な特徴を有する。

約5000年前の噴火で形成された火口は北東-南西方向に数本の列で並ぶ。