「時事ニュース」カテゴリーアーカイブ

お金の教養講座 評判の無料参加キャンペーン

お金の教養講座 無料参加キャンペーン ファイナンシャルアカデミー

年間255講座、延べ47万人が受講したお金の学校の定番講座。

お金の教養講座 評判の無料参加キャンペーン なかなか聞けないお金のことを短時間で効果的に学べる、入門講座です。

▼こんな人におすすめ
・貯金体質になりたい人
・収入アップを目指したい人
・老後の不安をなくしたい人
・早期リタイアをしたい人
・投資でお金を増やしたい人

ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」  


ピザーラ

ピザーラ(PIZZA-LA)は、日本の宅配ピザチェーンである。株式会社フォーシーズが経営しており、宅配ピザ業界では店舗数・売上ともに国内第1位となっている。

社名の由来は、「ピザ」と「ゴジラ」を合わせて「ピザーラ」となっている。マスコットキャラクターは「ピザーラくんとトッピングス」。

株式会社フォーシーズ会長・浅野秀則は映画『E.T.』を観て作品に登場したピザ宅配事業(ドミノ・ピザ)に注目、1985年(昭和60年)に日本国内で営業を開始したばかりのドミノ・ピザにフランチャイズ加盟を申請するも、直営店主義を理由に断られる。

そこで自ら宅配ピザチェーンを設立することを決意した浅野は、1987年4月に東京・目白でピザーラ1号店をオープン。

その後、1989年12月の秋田県土崎店を皮切りに全国展開を開始した。

1991年からは「ピザーラお届け!!」の印象的なフレーズが使用されたはテレビCMを放映開始、浅野はCMを重視しその後も話題の俳優やタレントを起用している。

フランチャイズ方式を基本として店舗拡大を行い、2012年には日本国内で552店舗(業界1位)、2015年6月には青森県、福井県、鳥取県、島根県、香川県、愛媛県、高知県、佐賀県、大分県を除く38都道府県で展開している。

JR九州

九州旅客鉄道株式会社(きゅうしゅうりょかくてつどう、英称:Kyushu Railway Company)[注 1] は、1987年4月1日に日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業を引き継ぎ発足した旅客鉄道会社の一つ。

主に九州地方と山口県の一部の鉄道路線を管理運営している。また、旅行業・不動産業・農業なども展開している。

本社は福岡市。

通称はJR九州(ジェイアールきゅうしゅう)。

英語略称はJR Kyushu。コーポレートカラーは赤色。東証一部・福証上場企業。

営業概要
九州新幹線と九州地方の在来線を営業エリアとし、総営業キロ数 2,273.0 km、567駅の運営を行っている。

鉄道事業においては、JR九州発足から2016年3月期まで一度も営業黒字を計上したことがなく、九州新幹線が全線開業した後も依然として厳しい経営状況が続いていたが、2015年度に実施された減損会計による減価償却費の大幅な圧縮や合理化などにより、2017年3月期の決算においてJR九州発足以来初めて鉄道事業が250.8億円の営業黒字となった。

その一方で、鉄道事業を補完するため旅行・ホテル、不動産、船舶、飲食業、農業など事業の多角化を推し進めており(「グループ会社」も参照)、その営業範囲は九州のみならず首都圏などや海外にも展開している。

2017年9月にはタイで不動産開発などを手掛ける現地法人「タイJR九州キャピタルマネジメント株式会社」の開設を、同年12月にはタイの首都バンコクにおける「タイJR九州ビジネスディベロップメント」設立と長期滞在用サービスアパートメント事業参入を発表した。

2016年9月中間期の売上高に占める「非鉄道」部門の割合は51%と過半を超えており、こうした事業の多角化が経営面での安定に寄与したこともあって、「旅客鉄道株式会社及び日本貨物鉄道株式会社に関する法律の一部を改正する法律」(平成27年法律第36号)が2015年6月10日に公布、2016年4月1日に施行され、JR旅客会社では東日本旅客鉄道(JR東日本)・西日本旅客鉄道(JR西日本)・東海旅客鉄道(JR東海)に次いで4番目、経営が厳しいと見られていた本州以外を営業エリアとする、いわゆる「三島会社」では初の上場および完全民営化を果たした。

なお、完全民営化前に経営支援策として設定されていた経営安定基金(3877億、元本の利用はできない。

利益配当のみ経常利益に含まれる)については、九州新幹線の施設使用料(年102億円)の一括前払い(計2205億円)および借入金の償還などに充てられている。

1987年のJR九州発足後は、福岡市博多区の博多駅前に福岡本社(登記上本店)、北九州市門司区の門司港駅隣の旧国鉄九州総局ビルに北九州本社を構えていたが、2001年に福岡本社に統合し、北九州市小倉北区の西小倉駅近隣(小倉駅からも至近)に北部九州地域本社を設置している。

東京タワー

東京タワー(とうきょうタワー、英: Tokyo Tower)は、東京都港区芝公園にある総合電波塔の愛称である。

正式名称は日本電波塔(にっぽんでんぱとう)。

1958年12月23日竣工。

東京のシンボル・観光名所として知られる。

日本の「塔博士」とも称される内藤多仲(ないとう・たちゅう)らによって設計された。

高さは333mと広報されており(海抜351m)、塔脚の間隔は88.0m。

総工費約30億円、1年半(1,974,015時間/543日間)と延べ219,335人の人員を要して完成した。

地上125m(海抜約150m)と223.55m(海抜約250m)に展望台を有したトラス構造の電波塔である。

昼間障害標識として、頂点より黄赤色(インターナショナルオレンジ)と白色を交互に配した塗装となっている。

テレビおよびFMラジオのアンテナとして放送電波を送出(#送信周波数・出力を参照)、また東日本旅客鉄道(JR東日本)の防護無線用アンテナとして緊急信号を発信する他、東京都環境局の各種測定器なども設置されている。

長らく高さが日本一であったというイメージが強いが、実際に日本一高かったのは1968年6月26日に小笠原諸島が日本に返還され南鳥島ロランタワーと硫黄島ロランタワーに抜かれるまでの約9年半と、対馬(長崎県)のオメガタワーが解体されてから東京スカイツリーに抜かれるまでの約11年間である。

ただし、自立式鉄塔としては東京スカイツリーに抜かれるまでの約51年半は日本一の高さであった。

現在は東京スカイツリーに次ぐ日本で2番目に高い建造物である。

東芝

新しい東芝の姿 事業の推進体制を刷新

不正会計問題、および原子力事業における損失発生事象などに関し、皆様に多大なご迷惑とご心配をお掛けしておりますことを、心からお詫びします。

当社は、1999年から導入・運用している社内カンパニー制について、導入当初から最終的な体制として計画しておりましたとおり、各社内カンパニーを分社し、各分社会社が自律した事業体として運営を行う体制としました。

新たな事業体制のもと、企業グループとしての一体化の深耕とともに各事業体が最適な事業運営体制を確立し、東芝グループの再生に取り組んでいきます。

具体的には、4つの社内カンパニーのうち、インフラシステムソリューション社、ストレージ&デバイスソリューション社、およびインダストリアルICTソリューション社を2017年7月1日付で分社化し、それぞれが分社会社として独立しました。

また、エネルギーシステムソリューション社については、原子力事業統括部とともに2017年10月1日付で分社化しました。

各分社会社については、グループ内の連携を強化しつつ、それぞれの事業価値最大化に特化、市場および顧客に対する説明責任を直接的に果たすとともに、特定建設業の許可維持などの事業継続性も踏まえた最適な体制を確立します。

また、コーポレート部門については、東芝グループ全体の企業価値最大化とガバナンス強化に特化します。

白根山

草津白根山(くさつ しらねさん)は、日本の北関東、群馬県吾妻郡草津町に所在する活火山である。標高は2,160m。

正式名称は「白根山」であるが、他の白根山と区別する必要のある場合の名称として地域名「草津」を冠した「草津白根山」の名で呼ばれる。

また、近隣の逢ノ峰と本白根山を含めた三山の総称とすることもあり、この場合は標高2,171mの本白根山が最高峰となる。

一つの火山の山体として捉える際は後者の考え方をとる。

特徴

山頂付近は白い山肌が広がっているのが特徴であるが、1882年の噴火以前は火口付近まで緑が広がっていたという。

山頂付近には複数の火口湖が形成され、湯釜、水釜、涸釜と呼ばれている。

かつて、山腹にはいくつかの硫黄鉱山が存在し[2]、鉱山跡が現在も残っている。

火山山体として捉えると多数の火口と溶岩噴出口が山頂付近に集まった単成火山群的な特徴を有する。

約5000年前の噴火で形成された火口は北東-南西方向に数本の列で並ぶ。

不二家

株式会社不二家(ふじや、英称 Fujiya Co.,Ltd.)は、洋菓子や菓子類の製造・販売を得意とする老舗の食品メーカーである。洋菓子店やレストランなどをフランチャイズ展開している。

山崎製パンの子会社である。

社名は、創業者である藤井家の「藤」と日本のシンボルである「富士山」、そして「二つと無い存在に」(不二)との意から。

不二家のシンボルマークである「ファミリーマーク」のFには、不二家のイニシャルのほか、ファミリア(親しみやすい)、フラワー(花)、ファンタジー(夢)、フレッシュ(新鮮)、ファンシー(高級な・かわいらしい)の5つの意味が含まれている。

デザイナーはレイモンド・ローウィ。

1960年代に、インダストリアルエンジニアリングやコーポレートアイデンティティという、当時としては革新的な経営管理手法を導入し、フランチャイズチェーンの展開へつなげた。

イメージマスコットは、ペコちゃんとポコちゃん。

キャッチコピーは「おいしさは、しあわせに向かう」である。

ペコちゃんとポコちゃんは、日本ケンタッキーフライドチキンのカーネル・サンダース像に続いて、立体商標として1998年6月19日に登録された。

本社は、東京都文京区大塚に所在。

後述の期限切れ原材料使用問題による業績悪化を最小限に抑えるため、中央区銀座七丁目の本社ビルを売却し、2008年7月1日に現在地に移転した。

イオン

イオン株式会社 (AEON CO., LTD.) は、日本国内外260余の企業で構成される大手流通グループ「イオングループ」を統括する純粋持株会社である。

千葉県千葉市美浜区中瀬(幕張新都心)に本社を置く。

東京証券取引所第一部上場。災害対策基本法における指定公共機関に指定されている。

「イオン (AEON)」とは、古典ギリシア語 α??ν(ai?n、アイオーン)に由来するラテン語で、「永遠」を意味する。

(ただし、「イオン」というカタカナ表記は現代英語における発音(英語発音: [?i??n])に基づいている)。

ロゴタイプにはA・E・Oの3文字を円環で結び、かつAとEの合字である「?」を使った「?ON」表記を用いている(ただしロゴタイプ以外の英文表記による資料はすべて「AEON」の表記としている)。

四日市岡田家の初代岡田惣左衛門が、四日市久六町(現在の三重県四日市市)で創業した太物・小間物商「篠原屋」を起源としており、六代目の岡田惣一郎が呉服商「岡田屋呉服店」に業態転換、さらにその息子である七代目の岡田卓也(現・名誉会長)が岡田屋・フタギ(兵庫県姫路市)・シロ(大阪府豊中市)による共同仕入会社としてジャスコを設立したのが実質的な創業となっている。

現在の代表(取締役兼代表執行役社長)は卓也の長男である岡田元也。

衆議院議員で第143-144代外務大臣を務めた岡田克也は卓也の次男である。

岡田卓也の「狸や狐の出る場所に出店せよ」との言葉どおり、郊外型の大型ショッピングセンターを中心に出店。

駅前や中心街に多くの店を構えるダイエーが業績悪化する中、ライバルのイトーヨーカ堂とともに小売業界を牽引している。

スシロー

株式会社あきんどスシロー(英文商号:AKINDO SUSHIRO CO.,LTD.)は、主に「吟味・スシロー」のブランドで回転寿司をチェーン展開する、回転寿司業界の大手企業である。

かつては「大阪回転寿司・あきんど」のブランドも有していた。

持株会社の株式会社スシローグローバルホールディングスが東証一部に上場している。

大阪府吹田市に本社を置き、近畿、中部、関東地方を中心に店舗展開をしている。

全店舗1皿108円(税込)の均一価格が特徴の回転寿司チェーンを展開。

提供する寿司は江戸前寿司であり、以前は、100円/130円/180円(税別)の3段の値段設定の店舗や、競合店が近くにある一部の店舗では90円/100円、あるいは97円等(税別)の105円(税込)以下の価格設定の店舗が存在していた。

高級なネタの場合は1皿1貫(1個)にすることにより均一価格を維持している。

1990年代後期から「健康1番すし」「大阪回転寿司」をキャッチコピーとしていたが、現在は「これぞ、スシロー。」

をキャッチコピーにしている。

企業理念は「うまいすしを、腹一杯。

うまいすしで、心も一杯。」である

au エーユー

au(エーユー)は、KDDIおよび沖縄セルラー電話のサービスブランド名で、携帯電話を含む移動体通信事業、ならびにKDDIの提供するコンシューマー(個人)向け・ビジネスソリューション(法人)向けITサービス事業を行っている。

また、株式会社 エーユーは2000年11月1日から2001年9月30日まで沖縄県を除く旧DDIセルラー地域で同事業を行っていた企業である(後述)。

携帯電話契約数が約4,967万契約で、国内の携帯電話市場(PHSを含む)における市場占有率は2位(2017年1月末現在)。[1]

カメラ付き端末やカラー液晶、シェルタイプ(折りたたみ式等)機種の導入の遅れ、iモードの爆発的ヒットから、NTTドコモやJ-PHONE(現・ソフトバンク)に新規契約数で大きく差をつけられ市場占有率は一時期(2002年3月末)3位となった。

その後は、他社の3Gエリア展開の遅れや、ボーダフォン(現・ソフトバンク)の世界戦略機種(VGSシリーズ)投入の失敗もあり、auブランドでの契約数を伸ばし、ガク割やダブル定額での料金戦略やEZ「着うた」、EZ「着うたフル」などのヒットで、年間ベースでのKDDIの純増数は2004年以降4年連続で1位を記録していたが、2007年1月に発表されたソフトバンクモバイル(現・ソフトバンク)のホワイトプランの人気に押され、2007年5月以降は12か月連続でKDDIは会社別純増数2位となり、年度別でも2007年度は1位の座をソフトバンクモバイル(当時)に渡した。

また2008年4月には、ツーカーの停波による減少をauブランドの純増分で補うことはできず、KDDIとして初の純減を記録した。