「時事ニュース」カテゴリーアーカイブ

松山 英樹

松山 英樹(まつやま ひでき、1992年2月25日 – )は、日本のプロゴルファー。

愛媛県松山市出身。

明徳義塾中学校・高等学校・東北福祉大学卒業。

レクサス(トヨタ自動車)所属[1]。

日本人最年少マスターズ予選通過者(当時19歳)。

アマチュア時代には、日本のアマチュアゴルファーとして初めてマスターズの出場権を獲得した。

日本ツアーで史上初ルーキーイヤー賞金王。ルーキー最多タイの年間4勝。

史上最速(16試合)での年間獲得賞金2億円突破。

4歳のときに、日本アマ出場経験もある父親の影響でゴルフを始める。

中学2年のときに「ゴルフをやる環境を整える」目的で、ゴルフ部のある明徳義塾に転校した。

2008年には全国高等学校ゴルフ選手権大会で優勝し、日本ゴルフ協会(JGA)のナショナルチームにも選ばれるなど頭角を現す。

2010年に東北福祉大学に進学。

同年のアジアアマチュア選手権で日本人として初の優勝を遂げ、翌年のマスターズ出場権を獲得。

翌週の日本オープンでも並み居るプロゴルファーを従え3位に入りローアマチュアを獲得した。

2011年にはマスターズに出場。

予選も通過し、日本人としては初めてローアマチュアを獲得した。

同年11月には、三井住友VISA太平洋マスターズで倉本昌弘、石川遼に次ぐ3人目のアマチュアでの日本ツアー優勝を果たした。

2012年には、R&Aによって創設された世界アマチュアゴルフランキングで日本人初の1位を獲得する。

bookofff (ブックオフ)

ブックオフはマンガ、雑誌、CD、DVD、ゲームを
しっかり買取いたします!

もう読まなくなったマンガ、雑誌、お子様の絵本、料理本、ビジネス本、聴かなくなったCDやDVDなど、しっかり買取させていただきます。

ご不要の本などが大量で店頭買取が難しい方は、便利で無料の出張買取がございますのでご利用ください。

1)コミック・小説・ビジネス書

1冊からでも買取いたします!
懐かしの名作からベストセラーまで。お子様の絵本も買取いたします。

2)CD・DVD・Blu-ray

古くても買取いたします!
ジャンル問わず買取させていただきます。お気軽にお持ち込み下さい。

3)ゲームソフト

最新タイトルなら査定UP!
人気ソフト買取強化中!新旧ハード関わりなくしっかり買取いたします。

ブックオフの取扱商品

画像3枚

上記の取扱商品以外にも多数お取り扱いしております。ぜひご来店ください。

店舗によっては、一部取り扱いしていない商品がございます。

くわしくはお近くの店舗にご確認ください。

ご注意事項

店舗により一部取り扱っていない商品がございます。

同一アイテムの複数の買取はできません。

法律に反するソフト(コピーソフト・児童ポルノなど)は買取できません。

カバーのない本・汚れのひどい本・参考書・教科書は買取できません。

18歳未満及び高校生からの買取は致しておりません。

買取の際は、免許証・健康保険証などの身分証明書が必要となります。

詳細についてはお気軽に店員までお尋ねください。

2013年2月の特定商取引法改正に伴い、家電(携行が容易なものを除く)・家具以外の商品については、一定の条件を満たす場合のみ取り扱いをさせていただきます。

ブックオフについて

ブックオフはブックオフコーポレーション株式会社が運営するフランチャイズチェーンです。
当サイトでは株式会社ハードオフコーポレーションがフランチャイズ加盟店として運営するブックオフ店舗の情報を掲載しております。
その他のブックオフ店舗をお探しの方はブックオフコーポレーション株式会社サイトをご覧ください。

引っ越し

引越し(ひっこし、引っ越し)は、人が生活する場所や活動する場所を他の場所へ移すこと、またその作業のことである。

住居、あるいは企業・団体の事業所などの移動がこれにあたる。古くは宿替(やどがえ)、転宅(てんたく)とも。

居所(住んでいる所)あるいは事業場を構えた所など、一定の場所からその機能、家財、機材その他の動産を別所へ移動させることが引越しと呼ばれる行為である。

引越しを特に重要かつ重大な作業としない文化もある。

遊牧民においては、引っ越しは通常の作業である。

そのような文化では、家屋そのものも、家具も移動が簡単なようになっている。

引越しをするということは何らかの事情があり、その理由は以下のように「自らの意思で引越したい自発的理由」と「自らの意思でないものの、やむなく引越さなければならない非自発的理由」とに分かれる。

旅行

旅行

旅とは、定まった地を離れて、ひととき他の土地(場所)へゆくこと、である。

大辞泉には「住んでいる所を離れて、よその土地を訪れること」とある。

柳田國男によれば、旅の原型は租庸調を納めに行く道のりのことである。

食料や寝床は毎日その場で調達しなければならないものであり、道沿いの民家に交易を求める(物乞いをする)際に、「給べ(たべ)」(「給ふ〔たまう〕」の謙譲語)といっていたことが語源であると考えられる、と柳田は述べている。

旅の歴史を遡って概観してみれば、人類は狩猟採集時代から食糧を得るために旅をしていたのであり、農耕が行われる時代になった後も、すべての人々が定住していたわけではなく、猟人、山人、漁師などは食糧採集のための旅を行っていた。

その後、宗教的な目的の旅がさかんに行われていた時代があり、ヨーロッパでは4世紀ころには巡礼が始まっていた。日本でも平安時代末ころには巡礼が行われるようになった。

イギリスでは近世になると裕福市民層の子が学業仕上げのグランドツアーや家庭教師同伴の長期にわたる海外遊学などを行うようになった。

日本では江戸時代にいくつもの街道が整備され、馬や駕籠も整備され、治安も改善されたので、旅がさかんになった。

近代になり西欧で鉄道や汽船などの交通手段が発達すると、ますます旅はさかんになった。

リアルタイム

リアルタイム(Real time)とは、英語で「即時に」や「同時に」、「実時間」という意味の言葉である。

コンピュータでは、決められた時間内に特定の処理を終えなければならないなど、現実の時間によって定義される制約が存在すること。

リアルタイムシステム参照。

リアルタイム(Real time)とは、英語で「即時に」や「同時に」、「実時間」という意味の言葉である。

コンピュータでは、決められた時間内に特定の処理を終えなければならないなど、現実の時間によって定義される制約が存在すること。リアルタイムシステム参照。

テレビ番組などで、最初に放送された年月日のこと。再放送と区別をつけるために用いられる。

「リアルタイム放送」とも。

テレビ番組、映画、ウェブ放送などで、劇中の時間と実際の時間が同じ速度で経過すること(『24 -TWENTY FOUR-』など)。

大戸屋

株式会社大戸屋ホールディングス(おおとや-)は日本にあり、下記の株式会社大戸屋および海外で飲食店事業を行うほかの事業会社の運営を行う持株会社。

また、株式会社大戸屋(おおとや)は、和定食を中心とする外食チェーンストアを運営する企業である。

家庭的な和定食を中心とした「大戸屋ごはん処」の全国チェーン展開を行っているほか、カウンター造りで内装が料亭風でありながらリーズナブルな価格設定の「おとや」も展開している。

セントラルキッチンを持たず、店舗で調理して提供するシステムで、他の外食チェーンとの差別化を試みている。

沿革 1958年1月、東京・池袋東口に「大戸屋食堂」として創業。

海苔の佃煮のボトルキープができて、白飯だけのオーダーでも食事が可能な貧乏学生御用達の安飯屋として人気を博した。

1983年5月に株式会社大戸屋を設立。1992年に吉祥寺店が火災で全焼したが、建て直しの際「おしゃれな定食屋」というコンセプトに路線変更したところこれが当たり、以後急成長した。

舗数は2015年3月現在で直営145店舗、フランチャイズ183店舗、海外直営12店舗、海外フランチャイズ76店舗である。

2010年3月、実質的な本社機能を新宿区岩戸町から三鷹駅至近の武蔵野市中町に移転し、登記上の本店所在地も同年7月1日をもって移転した。

2011年に持ち株会社化。

株式会社大戸屋分割準備会社(2011年5月16日設立)に日本国内の飲食店事業を分割し(海外事業は元々別の子会社が運営)、これを7月1日に株式会社大戸屋に社名を変更、元々の株式会社大戸屋は同じ7月1日に株式会社大戸屋ホールディングスに社名を変更した。

福原 愛

福原 愛(ふくはら あい、1988年11月1日 – )は、日本の卓球選手。宮城県仙台市生まれ、身長155cm、血液型B型。全日本空輸(ANA)に所属。

2016年11月現在は、夫・江宏傑(2016年9月 – )と夫妻でドイツ在住。

2017年6月、第1子妊娠を報告。

史上初の全日本グランドスラム達成者であり、五輪2大会連続のメダリスト。

ITTF世界ランキング最高位は4位(2015年10月)。

段級位は7段。

日本オリンピック委員会・選手強化キャンペーン・シンボルアスリート制度適用選手。

現役として活躍する前の幼少期からテレビなどマスメディアに頻繁に登場し、日本では「卓球の愛ちゃん」「天才卓球少女・愛ちゃん」「泣き虫・愛ちゃん」等と、中華圏では「小愛」(シャオアイ)や「瓷娃娃」(ツーワーワー)等と呼ばれ親しまれている。

その注目度から、内閣府「災害被害を軽減する国民運動サポーター」、中国等との間の様々な親善大使、出身地である仙台市の観光大使、CM出演なども務めてきた。

佐川急便

佐川急便株式会社(さがわきゅうびん)は、本社を京都府京都市南区に置く運送事業を手掛ける企業。

SGホールディングス(持株会社)の子会社である。

サービス名(商品名)が佐川急便だったが、現在は「飛脚宅配便」に変更されている。

佐川急便の創業は、1957年(昭和32年)3月22日に佐川清が京都・大阪間を中心とする運送事業を興したことにある。

法人としての佐川急便は1965年(昭和40年)に設立され(公式サイトでは1966年(昭和41年)4月と表記)[要出典]、まず北陸地方、近畿地方、中国地方、四国地方、九州地方に営業を拡大し、1988年(昭和63年)までに中部地方、関東地方、東北地方、北海道にも営業を拡大した。

佐川急便は、もともと特別積合せ事業が主体であり、宅配便業者としては認識されていなかった。

1990年代の運輸省の宅配便事業者の中に名前が出てこないのはそのためである。

1998年(平成10年)からは本格的に宅配便事業にも参入した。

ヤマト運輸との顧客の奪い合いは熾烈で、同社やその後民営化した日本郵政グループへの対抗上、売上向上月間のようなこともある(ヤマト運輸側は現在、比較的他社から奪うようなことは少ない)。

2006年(平成18年)3月21日付で、佐川急便が株式移転で純粋持株会社「SGホールディングス株式会社」を設立し、佐川急便など各事業会社を傘下に置いた。

大手運送会社が持株会社制に移行するのはヤマト運輸系列の持株会社であるヤマトホールディングスに次いで2例目である。

創業50周年を迎えた2007年(平成19年)3月21日には会社を表す絵として、それまでの江戸時代の飛脚を描いたものから、現代のセールスドライバーを描いた「新飛脚マーク」に変更した。

宅配便のブランドとしての「佐川急便」を「飛脚宅配便」に変更、その他の「佐川」を冠した商品名は概ね「飛脚」に置き換えられた。

ただし飛脚の絵は会社の社章でもあるので用途を限定して使用されている。

同時に路線ドライバーによる営業店間の荷物の輸送(路線)などを行っていた「佐川ギャラクシーハイウェイズ」を吸収合併し、路線事業にも進出した。

2016年(平成28年)3月30日、SGホールディングスとともに株式会社日立物流と資本業務提携契約を締結。

同年5月20日付で日立物流が当社株式の20%をSGホールディングスから譲り受け、当社は日立物流の持分法適用関連会社となった。

求人

求人(きゅうじん)は、労働力となる者を収集するために行う告知、及び雇用契約の誘引行為のことである。対義語は「求職」。

以下では特に断り書きがない限り、日本での事例について述べる。

一般に、企業・団体など事業者が、雇用したいとする者を、一般の市民(学校卒業見込みの者を含む)から募集することを指す。正社員、アルバイトやパートタイマーなど、雇用形態についても、労働条件と共に募集する際に明示する。

企業などの事業の展開により、人手が足りなくなることがある。軽微な場合は現有スタッフの勤務時間の増加(残業)などで補うことが多いが、実質的に限度があり、また、労働基準法に基づく労使協定(いわゆる36協定)で定める上限時間を超えることはできない。あるいは、定年退職による欠員の補充、また、事業内容によっては特定分野の能力(スキル)を持った者を必要とすることもある。

以上のような場合に、事業者は労働力もしくは一定のスキル・ノウハウの確保のために、労働者の雇用の必要性が生じるのである。

求める人(労働者)の職種によって、求人方法は異なっている[2]。一般的なものとしてはハローワーク、職業紹介所、インターネット媒体や紙媒体などがある。

スマホ

スマートフォン(英: smartphone)は、先進的な携帯機器用OSを備えた携帯電話の一種。

従来の携帯電話(フィーチャーフォン)や、パソコンの機能を取り込んでいる携帯端末とされるが、一義的に明確な定義は無いとする立場もある。

日本では「スマホ、スマフォ、携帯」とも称されている[4]。タブレットと同様に「スマートデバイス」の一種とされる

オペレーティングシステム

スマートフォンOS別販売台数推移

スマートフォンOS別販売シェア推移[6]
「モバイルオペレーティングシステム」も参照
シェアは、世界的に見るとAndroidが圧倒的に大きい。

なお、世界ではAndroidが圧倒的となっているが、日本では2014年時点iOSが過半数で、iOSとAndroidの2強状態である。

Android – Android社を買収したGoogleが開発しているOS。

LinuxカーネルやWebKit、ARTと呼ぶ独自の実行環境などで構成される。

LineageOS – Android派生OSであったCyanogenModの派生OS。Androidのオープンソース部分を基にしているため、非オープンソースなアプリは搭載されていない。

Maru OS – Android及びDebian派生OS。

iOS(当初は OS X iPhone、その後 iPhone OS、現在 iOS) – アップルが開発した自社ハードウェア専用のOS。

XNUカーネルやCocoa Touch、WebKitなどmacOSと共通するコンポーネントから構成されるが、UIは大きく異なり、バイナリ互換性はない。

Windows 10 Mobile – Windows Phone 8の後継OS。

デスクトップ版Windows 10とプラットフォームを完全に統一した。2015年末の正式リリースより、国内で対応端末が複数発売されている。

以下のオープンソースプラットフォームは、Androidの寡占への懸念や新興国向けのコストダウンの需要などから主力キャリアやメーカーの注目を集めた。

Tizen – Linuxベースでサムスン・インテル・NTTドコモなどが開発に参加。ドコモが端末の発売を予定していたが、2014年1月16日に「時期が適切でない」として実質の撤退表明を公式発表していた。Samsung Z1(英語版)に搭載されている。Linuxカーネル、Waylandなどで構成されている。

Ubuntu Touch(英語版) (Ubuntu Phone) – 英カノニカルが開発[9]。Linuxカーネル、Mir、Qtなどで構成されている。

en:Sailfish OS – フィンランドJollaが開発。MeeGoの成果物を引き継いでいる。またフィンランド3位の通信事業者DNAが導入した (Jolla Phone(英語版))。

Turing Phone(英語版)にも搭載されている。Linuxカーネル、Qtなどで構成されている。